|観ながら「人の感情を思いのまま操りやがって」と

観ながら「人の感情を思いのまま操りやがって」と、ちょっと憎たらしく思う映画って稀にあります。この映画はその類ですね。

驚くほど無駄が少ない。2時間弱の上映時間でここまで詰めこんでいけるのか、と思うくらいに盛りだくさんの内容、そして多数の登場人物。なのに見事に描き分けが出来ている。
驚いたのは最初の10分。この短い時間で、大体の物語背景や事の発端を説明してしまう。

凄十の口コミはこちらです。無駄が少ないことが、結果として展開に良いテンポを与えている。シナリオは非常に良くできていると思うけれど、それでも、ちょっとありえないような設定や、何となくおかしいように思われる描写がたまにあったり。しかし、そんなことは話の勢いでどこへやら。物語の中で重要なことと瑣末なことの区別が作り手の中で出来ていて、ちゃんとメリハリをつけて描写しているのでしょう。
他のアニメ作品と同様、声優に役者を起用していて、初めのころはちょっと違和感があるのだけれど、だんだん慣れてくる、というか、観ているうちに正直そんなことはこの際どうでも良くなった。とりあえず面白い。