|さすがに5月となるとじわっと汗ばんできますな。

さすがに5月となるとじわっと汗ばんできますな。
そろそろ扇子を持ち歩く頃合いですかな。

さて浅草通いも今月で最後となりました。
今日のお弁当は浅草老舗の弁天山美家古寿司。
この7ヶ月、もちろん2度ほどお店の方にも顔を出しましたが、
お弁当は今日の小屋のみ。
それも今月で最後となれば感慨深いですな。

平成中村座五月大歌舞伎夜の部 @ 平成中村座

しかし仮設小屋というのは、常設と違ったワクワク感もありますが、
期間限定だけに終りとなるとせつなさも感じますな。
古くは同じ隅田公園で観た下町唐座(安藤忠雄の設計)や、東京宝塚の1000日劇場、汐留にぴあが作ったライヴ空間P.I.Tなどなどどれも特殊だっただけにその公演内容と一緒に印象に残ります。

今回の中村座、当初7ヶ月間の長丁場だなと思うも、過ぎてしまえば7ヶ月あっという間でした。
ちなみに全部通って筋書(パンフ)を全部購入すると、全筋書を収納できる勘三郎の直筆サイン入りの箱をくれました
売り場のおねえさんからは「毎月ありがとうございました〜」もうれしくなりますな指でOK

hisの札幌発の旅は公演が終わった後に決めます。